砂漠の街 マラケシュ (Marrakesh, Morocco)

汗と砂埃にまみれながら、砂漠の街、マラケシュを訪れました。旧市街(メディナ)市場(スーク)、と私が見たかったものが沢山ある街です。

旧市街は、世界遺産に、市場は同じくUNESCO無形文化遺産に登録されています。ちょうど、ラマダン(断食)の時期に、行く事になってしまいましたが、それもまた面白い体験だったと思います。

ジャマ・エル・フナ広場に近い、Riad Aguerzame という、こじんまりとした可愛い宿にステイしました。マラケシュでは、リヤドに泊まるのがオススメです。

リヤドとはモロッコの古い邸宅の様式で、中庭を取り囲むようにして、部屋があるのが特徴です。現在は、ヨーロッパ人たち、特にフランス人が、改装して宿を営んでいる事が多いです。

朝ごはんは、中庭でいただきます。搾りたてのオレンジジュースは、とても濃い味がします。細い迷路のような路地を抜けて、市場へ向かいます。イスラムの街らしく、女性は、目の周り以外全て覆われた、ニカーブという衣装を、身につけている方が多い印象です。何とか商店、的な店構えですね。街の雑貨屋さんかな?
色とりどりのお皿に、目を奪われます。

市場の中に、更に複雑な、巨大な迷路が出現しました!ドライフルーツが、沢山積み上げられています。店番のおじさんが眠そうです。モロッコらしい、素敵なライトばかり。夜のとばりが落ちてきました。ラマダン中は、日中は何も食べない代わりに、日没から日の出までの間に食事をとります。

日が落ちると、待ってましたと言わんばかりに、人々は街へ繰り出し、辺りが急に活気づいてきます。
毎晩、フナ広場お祭り騒ぎです。沢山の人で賑わっています。翌日は、マラケシュ美術館へ出かけてみました。ベージュ色の壁が並ぶ街です。私には、あまり馴染みのない模様です。とても綺麗で、写真を撮らずにはいられませんでした。ミントティーとドライフルーツ入りクッキーで、お茶タイム。

こんなに色鮮やかな壁。ゴールドの鉄格子とピンクのお花が映えます。
モロッコの後は、私が一番好きな、旅慣れた、タイへ向かいます!

<HOTEL>

 

<MAP>

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。