ソウルで街歩き!女子旅 in 2018

夏のソウルは普通に暑い!冬は氷点下が当たり前、凍えるほど寒いソウルも、夏は日本と変わりません。今回のソウル旅行は、親友と3泊4日の旅。いつもよりちょっぴり長居して、ソウルの魅力を満喫しよう!今回は、鍾路5街駅から歩いて数分の、ホテルアトリウムに3泊しました。高層階で長めの良いお部屋をリクエストしておいたら、最上階のお部屋にしてくれました!スタッフも親切で日本語もOK!

お部屋からは、ちらっとですが、ソウルタワーも見えま〜す!清潔で広めのお部屋と、何よりiphoneが充電できるUSBの口が2つあったのは◎!ホテルのすぐ脇には、何やら政治色の強い建物が!歴代大統領がずらっと描かれた様は、思わず写真を撮らずにはいられない!ホテルから歩いて15分ぐらいのところに、益善洞(イクソンドン)という韓屋が集まるエリアがあります。韓国の伝統的な家である韓屋(ハノク)がリノベーションされて、おしゃれなレストランやショップとして生まれ変わりました。今人気の再開発エリアですね。

翌日は遅めのスタート。景福宮駅のすぐ近くに、前から気になっていた、エコパッサンというオーガニックレストランがあります。野菜だけの、彩どりが綺麗なビビンパをいただきました。優しくて繊細な味がするので、ゆっくり味わって食べたい!あら?チマチョゴリを着た女の子がいますね。韓国の日常的な風景の1つにすぎませんが、やっぱりチマチョゴリは目を引きます。景福宮のあるこのエリアでは、伝統衣装を着て散策するのが流行っているようです。

趣のある路地を通って、景福宮へ向かいます。ょうど、プログラムが行われていました。ラッキー!韓国時代ドラマに出てくる場面のようです。昔もこの場所で同じように行われていたんでしょうか?なんだか本当にタイムスリップしたような感じがします!景福宮は、チマチョゴリの貸衣装を着た観光客で賑わっていました。景福宮から三清洞、そして韓屋が並ぶ、北村へと歩きます。途中、北村ピンスで念願のピンスをいただきました。日本のかき氷とは違い、アイスクリームを極薄に擦りおろしたようです。色々なフレーバーがあって迷いましたが、いちご味をチョイス。口に入れると、ふわっと溶けてイチゴミルクの味が広がります。おいしい! 北村に近くにつれて坂道がきつくなります。途中、小さくてものすごく急な階段を登り、北村の住宅街に出ました。

北村には韓屋が約900軒もあるそうです。昔ながらの建築様式で建てられた家屋は、とても興味深いですね。宿泊できる韓屋もあるので、次回はぜひ泊まってみたいと思っています。

その昔、このエリアには高級官僚や王族が住んでおり、高級住宅地として政治や文化の中心だったようです。時を経ても当時の面影が今でも残っています。

ちょっと歩くことになりますが、北村八景(きたむらはっけい)という、北村の代表的な景観を楽しめるスポットを巡ってみるのもよいですね。広蔵市場で、夜ごはんの買い出し〜。おかずや雑貨、衣類や台所用品など、い〜ろんなものが売っていて、地元人たちが仕事帰りに一杯やりに来ています。毎回、来るたびに思いますが、大阪の黒門市場にそっくりです!韓国へ行くと、キムチって白菜や大根だけじゃないんだな〜と思います。どれもこれも赤い!韓国カラーが赤なのも納得。ホテルの最上階には、フロアの両端に小さな庭のようなスペースがあります。ソウルの街を一望するこの場所を2人占め!

チジミ、キンパブ(海苔巻き)、トッポッキにビール!チジミの付け合わせのたまねぎの酢漬けがまた旨いのだ!キンパブには辛子が付いてくるのですが、新鮮〜!朝ごはんは、多味粥で。韓国を訪れたら、必ず1度は朝ごはんにお粥を食べます。日本では高級食材である、アワビのお粥がとっても美味しいので、どの店へ行ってもアワビ粥を頼んでしまいます!再び益善洞へ!とってもオシャレで洗練された雰囲気のトースト屋さん、Mil Toast に入ってみることに。ごまペースト、バター、あんこ、を付けて召し上がれ。 最後の夜、1泊だけした、HOTEL CAPPUCCINO(ホテルカプチーノ)漢江を渡って、カンナムへ移動です。このホテルは、目黒のCLASKA、京都のカンラアンテルーム、そして最近では北京MUJI HOTEL を企画・設計した、東京のUDSという会社の作品です。彼らの活動には今後も大注目していきたいと思っています!こちらのホテルは、お部屋の窓からソウルの街が一望できます。遥か彼方に、ソウルタワーも見えますよ!高層ビルではなくて、ほどほどの高さのビルがごちゃごちゃと立ち並ぶのがソウル風。今宵のディナーは、初体験、チョッパル!豚足ですが、日本のとは違って、もっと味付けがしっかりしている感じ。ここでも玉ねぎの酢漬けが!玉ねぎ好きとしてはありがたい!結構なボリュームですが、不思議とお腹がいっぱいで苦しくなることはありません。今日の夜はまだまだ続きます!高速バスターミナル駅で地下鉄を降りて、盤浦漢江公園(パンポハンガンコウエン)を目指します。漢江には、21の橋が架かっているそうですが、その1つ、盤浦大橋(パンポデキョ)では、虹色にライトアップされた噴水、レインボー噴水ショーが観れます。20:30か21:00の回 で観れるかな〜と期待していたのですが、なぜかショーは行われませんでした!翌日のランチは、サムゲタン!実は、韓国へは何度も行っているのですが、本場でサムゲタンを食べるのは初めてです。狎鴎亭(アックジョン)駅のすぐ近くにある、智鎬韓方参鶏湯(ジホハンバンサムゲタン)では、鶏肉の骨を取り除いてお肉だけにしてあるメニューもあります!美味しかった〜!

サービスで出していただいた、高麗人参酒が美味しく、買って帰りたいと伝えると、すぐにおばさんが包んでくれました〜!

あ〜やっぱりいつ来てもソウルって楽しい!今回の旅もとっても楽しめました!


<HOTEL>

ロケーションが最高!広蔵市場の目の前で、東大門、益善洞、仁寺洞まで歩いてすぐ。スタッフが感じ良い!オススメ!

箱はいいけど、中身がちょっと惜しい。フロントのスタッフは無表情で、アメニティはコーヒーが1人分しかなかったりしたので、ちょっと残念。ルーフトップバーのスタッフはフレンドリーで、宿泊客にはサービスでショットをご馳走してくれました。今後に期待!


<ITINERARY>

Day 1: 早朝Peachにて仁川空港到着〜アトリウムホテルに荷物をドロップオフ〜Issacにてサンドイッチ〜シロアムスパでお昼寝〜ロッテマート益善洞(イクソンドン)を散策〜ハルモニカルグクスで昼食〜明洞東大門

Day 2: エコパッサンでブランチ〜景福宮三清洞北村ピンス北村韓屋村広蔵市場でテイクアウトしてホテルの屋上で夜ごはん〜東大門

Day 3: 明洞多味粥で朝ごはん〜南大門弘大フリマカロスキルキムブッスン クンナムビチッで夜ごはん

Day 4: Mil Toastでフレンチトースト&コーヒー@益善洞仁寺洞〜カプチーノホテルへ移動〜GO TO MALL〜友達とグイ駅で夜ごはん、チョッパル初体験〜缶ビールで乾杯&漢江の夜景〜ホテルのルーフトップバーで乾杯

Day 5: ホテルでトースト&コーヒー〜COEX MALLピョルマダン図書館アックジョンロデオSSGマーケット〜参鶏湯ランチ@智鎬韓方参鶏湯南大門アクセサリー問屋ロッテマート

 

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。