オフシーズンのタイの島で、ジャム島 タイ (Koh Jum, Thailand)

タイへ初めて行ったのは、1999年でした。あまりにも物価が安いのに加えて、食事がとても美味しかったので、私にとっては天国でした。

それ以降、休暇の度にタイのビーチで過ごす事が多くなりました。初めて行ったタイのビーチはパタヤでしたが、ピピ島へ行って以来、美しいビーチを追い求めてタイの島々への旅を続けています。

ジャム島は(別名コ・プー)プーケットサムイに比べて知名度はありませんが、島内には、手付かずの自然が残されており、素朴な雰囲気を楽しむ事ができます。

11月〜4月はオンシーズンボートクラビーから出ていますが、私が行った9月はオフシーズンだったため、クラビーから車で隣の街、ヌア・クローンにあるレーム・グルアットというへ行き、そこからプライベートボートに乗りました。公共のロングテールボートなら70バーツ/人ぐらいであったようです。

宿泊はKoh Jum Beach Villasです。広い敷地に点在する19棟のヴィラにはそれぞれオーナーがいる、ユニークな施設です。

ベッドルームとリビングがそれぞれ別棟にあり、リビングは2人で泊まるには広すぎるぐらいでした。

オフシーズンのため、宿には私たちの他は、1組のゲストしか滞在していませんでした。部屋の前はすぐにビーチです。遠く、霞んで見えるのはピピ島です。

バイクをレンタルして、島を散策する事にしました。地図を見る限り、島の西側に施設が集まっていますが、東側には何があるのでしょう?地図には、あまり情報がありません。

島は緑の樹々で覆われており、道路もほとんど舗装されていません。意外にアップダウンの多い道のりです。

近年リゾート地としてメジャーになってきた島々は、便利で賑やかで楽しいのですが、ジャム島のような、素朴な島も、たまには良いのではないでしょうか。

私が訪れたのはオフシーズンだったため、まるで島を独り占めしている気分でした!観光客には、全くといっていい程出会いませんでした。
海は穏やかでしたが、オンシーズンには、また違った様相を見せてくれるのではないでしょうか。島の緑が海の表面に写り込んで、グリーンの海のように見えます。島をバイクで走っていると、小さな集落が道の途中に出現します。突然、道路の脇でマーケットが開かれていたり、かなりのんびりしています。

港に近い集落で屋台を発見しました。
ここのおばちゃん達が作る鶏そばは、素朴な味で美味しかったです!こういう地元の屋台は大抵シンプルでおいしいのです!

宿の前のビーチから、今日も有難うと、感謝を込めて太陽を見送ります。毎日こんなサンセットが見られたら幸せでしょう!

次回訪れる際には、オンシーズンの時を狙いたいと思います。また違った楽しみ方が出来そうです。

Koh Jum Beach Villas

http://www.kohjumbeachvillas.com

 

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。