久米島でのできごと 沖縄 (Kumejima, Okinawa)

沖縄と言えば、青い海、サンサンと降り注ぐ日差し、暖かい気候とのんびりとした独特の雰囲気で、人気のリゾート地です。

久米島は、沖縄本島から西へ約100キロ、沖縄周辺の島々の中で、最も西にある島です。那覇から30分弱のフライト、もしくは那覇の泊港からフェリーで、2時間半〜4時間かかります。

明るいイメージの沖縄なのですが、行くたびに、どこかしら物悲しい空気を感じるのは私だけでしょうか?

羽田から那覇経由で、久米島へ向かいます!今回は、沖縄へのツアーに強い、オリオンツアーさんを利用しました。サイプレスリゾート久米島でのホテル代2泊込みで、羽田発着31800円という激安っぷりです!久米島空港は、とてもこじんまりとしているので、到着したら、徒歩!島ネコたちが、レゲエバーに集っています。久米島の東端にある小島、奧武島(おうじま)とは、海底道路でつながっています。

ここのビーチは、遠浅で砂の底地が続き、ちゃぷちゃぷと気軽に水遊びできそう!熱帯魚が、ものすごく青い!日が傾いてきて、干潮になるにつれ、亀の甲羅のような形をした岩が、海の中から姿を現しました。

沖縄県の天然記念物に指定されている、畳石です。太古の溶岩が固まっていく過程で、この結晶のような六角形が形成されたそうです。

沖縄県のシンボル、シーサーはこの先もずっと、青い海と島を見守り続けます。夕食は、波路さんという地元の居酒屋でいただきました。

どれも新鮮で美味しい! 島の面積は約60平方キロメートル、車で一周するのにも、1日はかかりません。小さな島ですが、見どころは色々とあります。

一番有名なスポットは、はての浜、ですね。浜といっても、無人島です。ボートでないと、行けません。

浜には、簡易トイレがポツンとあるだけ。日焼け止めは必須です!

のんびりとした島で過ごすうちに、ふと、過去に何か事件はあったのか、調べてみたくなりました。

なぜ、そんな気分になったのかはわかりませんが、早速、インターネットで調べてみると、1945年、終戦間際の混乱と共に招かれた、恐ろしい久米島事件のことを知りました。

またの名を、久米島守備隊住民虐殺事件、と言い、島に駐屯していた日本海軍が、アメリカ軍から依頼された「投降勧告状」を持って来た島民を、スパイとして処刑したことに始まる事件のことです。

フォトジャーナリズム DAYS JAPANさんの記事に、実際に事件を体験された方のインタビューが掲載されています。

今となっては、多くの観光客を魅了する沖縄ですが、私たち観光客は、その時だけ楽しければ良い、というのではなくて、こういった沖縄の歴史にも目を向け、そこから得られる教訓を未来に生かさなければならないと思います。

あまりメジャーなスポットではないかもしれませんが、ヤジャーガマ洞窟、という洞窟の入り口付近には、明治時代まで行われていた風葬の痕が見られます。

人骨が入った瓶が、たくさん並べられていましたが、不思議な光景でした。

<HOTEL>

<MAP>

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。