エアカナダ プレエコレポート! (AIR CANADA Premium Economy Class)

プレエコとは、プレミアムエコノミーの略です。エコノミーとビジネスクラスの間、エコノミーよりはちょっとゆったりとしたシートで、ビジネスまでの予算は無いけれど、少し快適に旅したいな、という人向けの座席です。全ての航空会社で設定されているわけではありませんが、日本航空全日空でも導入しています。最近、特に注目を浴びるようになってきました。

エアカナダのプレエコには初めて乗るので、ワクワクして下調べしてみたのですが、私が乗るAC006便羽田〜トロントで使われる機材の、ボーイング777-300 については、意外にもあまり情報がなかったのでブログで書いてみることにしました〜!まず、ボーイング787は2席−3席−2席と座席が並んでいますが、777-300は2席−4席−2席並びで、全部で24席ありました。座席幅や、シートピッチはエコノミーに比べてかなり余裕があるように見えます。席と席との間はガチっと隔たっているので、あぐらをかくのがちょっとムズカシイ。席には、ペットボトルの水が無造作に置かれていました!2−4−2の4席並んでいる席のバルクヘッドシートをチョイス。足元には十分な広さがあり◎ !念のため、座席を選ぶ際には、Seat Guru  で確認する事をおすすめします〜。カナダらしく、食事のメニューは全てフランス語と英語で表記されていますね。機内エンターテイメント等の案内は、タッチパネル式です。Eat & Drink の画面ではドリンクメニューも見れますよ!エアカナダのプレエコの素晴らしい点は、お食事です!!航空会社にもよりますが、キャセイ航空のプレエコの食事は、エコノミーと同じでした〜(涙)きちんとした食器にサーブされている食事に感激!

スナックは、カップヌードル〜!こんなに美味しく発明できた日本人ってすごいわ〜。なんだか食べてばかりですが、飛行機で食べる食事って、非日常的で好き・・・・。ふつ〜のカップヌードルがいつもより美味しく感じる!次のお食事はエコノミーと同じかと思われますが、優しいお味でした。

羽田からトロントまで、約13時間半という長時間フライトでしたが、快適に過ごせました!めでたしめでたし!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください