アジアの南米、ラオアグ フィリピン (Laoag, Philippines)

幸いな事に、私は、海外で危ない目に会った事は、一度もありません。が、フィリピンに関しては、心構えが少し違います。東京のフィリピン人たちから、危ないから気をつけろ、と言われてしまえば、嫌が応でも構えてしまいます。

マニラ経由で、友人の結婚式が行われる、Laoag  (ラオアグ)へ向かいます。キャセイなので、途中、香港で乗り継ぎです。

ゲートが開くのを待っている間、隣のクアラルンプール行きの人たちが、とても穏やかそうなのに比べて、こちらのマニラ行きの人たちは、南米のチンピラのように(失礼)、何だかギラついています!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マニラ空港には3つのターミナルがあり、一度、市道に出て、シャトルバスで移動しなければなりません。

初めてのマニラだったので、少しドキドキしていましたが、意外にも、空港のガードマンや、シャトルを一緒に待っていた男の子が、とても親切に話しかけてくれたので、安心してターミナル3に到着できました。

ラオアグは、どこかで見たことのあるような風景の街です。

友達のお爺さんが、経営する予定の、オープン前のホテルに泊めてもらいました。

近所でスナックを売っている、親切なおじさんが、夜中に持って来てくれたのですが、とっても美味しかった!ピロシキ風の揚げパンのようなおやつです。
フィリピンは、私が慣れ親しんだアジアの各国とは違い、キリスト教がベースの国です。と〜っても古そうな教会です。

フィリピンでは、シューティング大会や、射撃がとてもポピュラーです。

せっかく友人がアレンジしてくれていたので、生まれて初めて実弾を撃ってみましたが、きっとこれが最初で最後になるでしょう!

友人の結婚式は、街の大きな教会で行われます。カトリック教会だそうです。

末長くお幸せに!!

宿泊:Fort Ilocandia Resort

http://fortilocandia.com.ph

<MAP>

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。